💪 15% Rule

Takaaki Umada
Takaaki Umada
Last updated 
FoundXのフルタイムスタッフは全員、労働時間の 15% を他の業務や自己啓発のために使うことを強くお勧めしています。積極的にご活用ください。

条件

  • 15% ルール時間も業務時間内に行っていただくため、トピックについてはある程度事前にマネージャーと相談してください。
  • あくまで業務として行っていただくため、現在の仕事や学術研究、スタートアップのエコシステムに関連している必要があります。
  • 活動内容の一部はスタッフ内で共有していただきます。

例

このような活動が候補になります。
  • MOOCs(Coursera、fast.ai)
  • 仕事に関連する本の読書
  • プログラミング
  • スタートアップエコシステムのための記事を書く
  • 学術論文を伴う研究や博士課程
  • スライドの公開
  • 書籍等の執筆
  • ビジネス英語
  • 起業の準備(起業家を体験する)

注意

  • 15% ルール時間はあくまで業務時間内での活動です。「集中した個人の作業時間」のようなものだとお考え下さい。
  • 他の業務と15% ルール時間はどちらを優先する、というものではありませんが、いわゆる「作業時間」なので、他業務の都合によってはリスケジュール等も含めた柔軟な対応が求められます。
  • 15% ルール時間は休憩時間ではなく、またプライベートの活動に充てられる時間でもありません。何かしら FoundX や東京大学のミッションに(中長期的にでも)資する活動である必要があります。
  • 判断が難しい活動についてはご自身で考え、相談したうえで、周囲に対して Comply and Explain の精神でいていただけると助かります。

背景

両利きの経営によれば、経営者は「探索」と「深化」の両方を適切に使わなければなりません。しかし深化に時間の大半を費やし、探索に費やすことを忘れてしまいます。
私たちは自分のキャリアの経営者でもあります。なのでこの傾向に逆らって、一定の時間を探索に費やすよう心がけましょう。

また、3M、Google ともに、15% ルール (20% ルール) はあくまで何かしら業務に資するものであり、普段の業務とは異なる業務をして良い、という制約となっています。そのため、あくまで業務であることにはご留意ください。

例: Google での 20% ルール
業務時間の内の 20% を「普段の業務とは異なる」業務( Google においては新規事業立案 ) にあてて良いという制度です。今やデジタルインフラの一種となりつつある Gmail、Google マップ、Google ニュースなどといったサービスは、この画期的な制度によって生み出されてきました。
Work @ Google 20% (grow.google)