⭐🪑🧪 FoundX スタッフの Values

Takaaki Umada
Takaaki Umada
Last updated 
FoundX の起業家向けの Values や FoundX Way とは別に、FoundX スタッフ向けのバリューを用意しています。

  1. ⭐ Be an Example
    ⭐ 良い模範であろう

  2. 🪑 Sit on the same side of the table with HRT💕 (Humility, Respect, Trust)
    🪑 HRT (謙虚、尊敬、信頼) 💕 とともにテーブルの同じ側に座ろう

  3. 🧪 Experiment with Evidence
    🧪 エビデンスとともに実験をしよう

⭐ Be an Example / 良い模範であろう

全ての創業者のお手本になるように努力してください。ファウンダーのお手本になるということは、💝🌄🎯🐗 ファウンダーのためのバリューを実践するということでもあります。たとえ完璧でなくても、模範であるべく努力はしましょう。

やるべきこと
  • 創業者にアドバイスをする場合は、自分でそのアドバイスを実践するようにしましょう
    • たとえば「早く動け」とアドバイスをしているのであれば、日々の行動のためにも早く動くようにしましょう。もし彼らのOKRの達成をお願いしているのであれば、自分のOKRを必ず達成して模範を示しましょう。
    • FoundX の価値提案である「アソシエーションの活用」「モメンタム」「起業家としての成長」を意識しながら働きましょう。
  • 💝🌄🎯🐗 ファウンダーのバリューを実践する
    • 💝 Pay it forward
      • 他のFoundXスタッフを積極的に支援する
      • 将来の仲間(将来のFoundXスタッフ)のために、わかりやすく読みやすい文書を書く
      • 将来のFoundX社員が理解し、プログラム改善に活かせる文書を書く
      • 将来の社員のためにプログラムの進捗状況の履歴を保存する
    • 🌄 Start with the impact
      • 活動のインパクトと成果を考える
      • まずインパクトを伝える
    • 🎯 Focus and intensity
      • 一番インパクトのあることに集中する
      • 制約を課してフォーカスをする
    • 🐗 Be a learning animal
      • 常に学習していること。
      • 経験学習のサイクルを反復する。
      • 速く実行する。速く学ぶ。


🪑 Sit on the same side of the table with HRT💕 / HRT💕とともにテーブルの同じ側に座ろう

起業家は投資家に向けてピッチを行い、投資家は起業家のビジネスを見定め、投資家としてより良い取引をするために交渉する立場にあります。つまり、起業家と投資家はテーブルの対面に座っているときがあります。
一方、私たちは投資家ではないので、起業家と同じテーブルの側に座ることができます。
ただし、テーブルの同じ側に座るということは、起業家と仲良くして、応援団でいる、というだけではありません。起業家の目標を達成するためならば、一人のチームメイトとして起業家に対してクリティカルなときも必要ですし、より大きな目標を一緒に作り上げたり、そこを目指すように鼓舞したりする必要もあります。それができて初めて、テーブルの同じ側に座るということです。

HRT 💕 とは?
HRT 💕については、"Team Geek "を読んでみてください。 Team Geekによると、HRTは以下のように説明されています。

謙虚さ (Humility)
あなたは宇宙の中心ではない あなたは全知でも無謬でもありません。あなたは自己改善のためにオープンです。
尊重 (Respect)
あなたは、一緒に仕事をする相手のことを純粋に気にかけています。あなたは相手を人間として扱い、相手の能力や業績を評価します。
ä¿¡é ¼ (Trust)
他の人は有能だと信じて正しいことをするし、適切な時には運転させてもいいと思っているのでしょう。
HRT 58.3 KB View full-size Download

やるべきこと
  • スタートアップで働く人のように振る舞う
    • メンバーの一人のように彼らを助ける
    • 最終的な目標を頻繁に聞く
    • 同じ側に座ることを許されるように、彼らとの信頼関係を育む
    • チームメンバーのように批判的なフィードバックを与える
    • ファウンダーのパフォーマンスを向上させるための継続的なフィードバックを行う
    • メンターではなく、彼らのサポーターで居続ける
    • メッセージが冷たいと思われる場合は、絵文字💛を頻繁に使用してください。
  • FoundXスタッフ間のコミュニケーション
    • 同僚とテーブルの同じ側に座る
    • 同僚の視点を取り入れる (💕)

🧪 Experiment with Evidence / エビデンスととともに実験をしよう

私たちは、スタートアップのようにどんどん拡大・成長しています。つまり、私たちは常に不確実な状況にあります。そこで、私たちは実験を評価し、科学的な証拠を使うことを心掛けます。

実験は失敗することもありますが、失敗から学ぶこともできますし、新しいエビデンスを得て新しい仮説を導くこともできます。私たちは、科学のようにプログラムを改善するために、断片的な工学的アプローチを使っています。

やるべきこと
  • 不安を感じたら、何かを実験する
  • カイゼンを提案するときは、雑誌や書籍から論文の資料を探す
  • 新しいエビデンスとしての文書を書く、言語化する
  • 規律を保ちながら開発したプロセスに従う。プロセスは再現性と予測性を持たせることができます。