💝🌄🎯🐗 Founders に求める Values

Takaaki Umada
Takaaki Umada
Last updated 
私たちは FoundX 参加者に求めるバリューを設定し、皆さんの日々の活動がそうした価値観に合致していることを高く評価します。記憶に残りやすいように、項目は極力少なくしています 😀

  1. 恩送りをしよう 💝
  2. インパクトから始めよう 🌄
  3. フォーカスと強度 🎯
  4. ラーニングアニマルになろう 🐗

1. 恩送りをしよう 💝 Pay it forward

他の創業者、支援者、お客様への "Pay it forward" を期待しています。
💝 = リボンとハート

⭕ Do's
  • 人を助けることはとても尊敬されています。その上、他人を助けることから多くのことを学ぶことができます。
  • フィードバックは贈り物です。建設的なフィードバックを適切に行ってください(この本はフィードバックを送るときの参考になります)。私たちの行動規範をお読みください。
  • 未来のファウンダーの育成と支援。未来のファウンダーを支援していただけるとありがたいです。例えば、アドバイスをしてください。彼らにFoundXを紹介することも、私たちへの貢献になります。
  • 説明責任と行動責任 - あなたは、他の人をアップデートして説得しなければなりません。
  • 素晴らしい製品の開発 - これはあなたの顧客を最も助ける「Pay it forward」です 😉
❌ Dont's
  • プログラムに参加しない(=プログラム内の他のファウンダーに貢献しない)
  • 他者からの支援のみを受ける

2. インパクトから始めよう 🌄 Start with the impact

社会的インパクトと「なぜ」を第一に考えてください。
🌄=山の上の日の出

⭕ Do's
  • どのような活動も最終目標(インパクト)と関連付けましょう。
  • 日々の活動を常にゴールからバックキャストしましょう。
  • 自分のビジョンやミッションを主張しましょう。多くの賛同者を集めることができ、より多くの賛同者を得ることができます。
  • 目標を明確に持ってください。
  • 目指すインパクトを何度も繰り返すようにしてください
  • ロジックモデルを作成して、自分の活動が実際に何を意味しているのかを理解しましょう。
  • 最終目標を達成するためのヒントとしてフィードバックを受け取るようにしてください。適切なスタイルでのフィードバックは、個人攻撃ではありません。
  • 面倒なタスクであってもインパクトに貢献するものであれば、そのタスクをやりましょう 😀
❌ Dont's
  • 目標を見失う。

3. フォーカスと強度 🎯 Focus and intensity

フォーカスと強度はサム・アルトマンによる、スタートアップにとって最も重要なポイントです。
🎯 = 直撃

⭕ Do's
  • 製品やユーザーへのフォーカスは高く評価されます。この2つに関係のないことをしてしまうと、生産性が落ちてしまいます。
  • 目標(OKR)を設定して、それに集中しましょう。
  • 何に集中すべきかを選択しましょう。そおために多くのNoを言いましょう。
  • 決断力を発揮しましょう。
  • 優先順位付けは非常に重要で難しい。集中するためには「No」をたくさん言うべきです。
❌ Dont's
  • 一度にたくさんのことをしないでください。優先順位をつけてください。
  • 他の人の邪魔をしないようにしてください。FoundXでは誰もがフォーカスとを持っています。

4. ラーニングアニマルになろう 🐗 Be a learning animal

いろいろな問題に直面することになります。
🐗 = イノシシ / 猪

⭕ Do's
  • 必要なことがあれば何かを依頼しましょう。他人のリソースを活用することは、起業家として重要なスキルです。
  • 個人の成長のために、熱心に、積極的にフィードバックを得ましょう。
  • 偽証主義(偽りを証明する)。自分の仮定に対して偽りを証明しようとすることは、検証主義(真であることを証明する)よりも難しいが、検証主義的な態度よりも、より多くの情報をもたらすだろう。
  • 失敗を受け入れる。失敗は何かに挑戦したことを意味する。私たちは失敗から学ばなければならない。
  • 内省。内省なしに経験から学ぶことはできません。経験学習の理論に基づいて、内省やジャーナリングをお勧めします。
  • 学ぶためには探究心が大切です。新しい知識を探求してみると評価されます。
  • 他の創業者と Network of Practice を作ってみてください。より多くのことを学ぶことができます。
  • エビデンスを活用しよう。エビデンスに基づいた活動をいくつか提案しています。例えば、会話のための構造化されたガイドは、深いコミュニケーションを誘発します。
  • 他の人から学ぶためには、信頼関係を築くことが大切です。
❌ Dont's
  • コミュニケーションを避ける。一緒に学んでいきましょう。
  • 人に助けを求めることをためらう。学ぶ機会を失うことになります。
  • 失敗を避ける。チャレンジは失敗を誘発します。失敗がないということは、挑戦がないということです。失敗を避けることは学びを避けることにつながります。
  • 他人の意見に耳を傾けない。

#values #program #founders